#sns 集客#twitter ビジネス#twitter フォロワー 増やす#Twitter 集客#ビジネス sns#フォロワー 増やす
2018.01.30

ユーザーとのリプライのやりとり大丈夫?SNS集客のためのツイッターリプライ方法

ツイッターをビジネス活用して、SNS集客・販促・ブランディングを行う場合に、ぜひとも気を配りたいのがユーザーとのリプライのやりとりです。このやりとりの方法によっては、ツイッターのフォロワーを増やすSNS集客効果を発揮することができます。今回は、ツイッターのリプライについての知っておくべき知識と、リプライの事例や、ツイッターで効果的なハッシュタグキャンペーン事例について見ていきます。

ツイッターのリプライはきちんと返信してる?

ビジネスでツイッターを活用しているSNS運用担当者の方は、きちんとリプライ返信をしていますか?リプライの基礎知識をまずは見ていきましょう。

 

ツイッターのリプライとはそもそも何?

ツイッターのリプライとは、簡単に言えばツイッターのタイムライン上での返信のやりとりです。ツイッター上でアカウントを指定して行うタイムライン上での会話のようなものだと思っておけば良いでしょう。

通常の個別メールなどのやりとりとの違いでいえば、タイムライン上の投稿に付随してスレッド表示させることができるため、他のユーザーにもリプライ内容は見えるということです。

 

ツイッターでリプライを丁寧に返すメリットとは?

ツイッターでリプライを丁寧に返信することによって、以下のようなメリットがあります。

 

・リプライ対応がしっかりしていることによって、ユーザーの好感度がアップする

・リプライはスレッドとして残るので、他ユーザーにも対応の良さをアピールできる

・リプライそのものがユーザーにリツイートされたりして、ファンが増える可能性がある

 

このように、ツイッターでのリプライは単なる返信ではなく、企業のブランドイメージなどにも直結する発信であることがわかります。そのため、ユーザーとのリプライのやりとりの質は、ツイッターのビジネス活用でのSNS集客・販促・ブランディングにも大きく影響してくることになります。

 

ツイッターのリプライでSNS集客・販促・ブランディングするコツとは?

それでは、ツイッターのリプライでSNS集客・販促・ブランディングを行い、ツイッターのフォロワーを増やすためには、どんなコツがあるでしょうか。

 

ツイッターではカスタマーサポートではなく、エバンジェリスト的な発信を心がけること

ユーザーとのリプライのやりとりで意識したいのは、単なる「カスタマーサポート」に終わらないことです。

ビジネス活用におけるツイッターアカウントは、「エバンジェリスト(伝道者)」としての特性を持つべきで、ユーザーの知らない自社の商品やサービスの魅力を伝えることが重要です。

そのため、リプライに関しても、単に質問に答えるだけでなく、ユーザーがまだ知らない情報を伝えたり、自社の商品やサービスの魅力を的確にアピールしたりするスキルが問われます。

 

ニーズのあるユーザーに直接サービスを紹介する「リプライマーケティング」も効果的

ツイッターのリプライでは、ユーザーから送られてくるリプライに返信する受動的な方法のみではなく、「リプライマーケティング」と呼ばれる、企業側から自社商品・サービスにニーズのありそうな投稿へ直接リプライする手法もあります。

この手法では、ツイッター内のキーワード検索で投稿をたどるのはもちろん、自社商品・サービスに関連する特定のハッシュタグキーワードをたどるのも有効な方法のひとつです。

 

ツイッターリプライの企業事例と、効果的なハッシュタグキャンペーン事例

ここでは、ツイッターのリプライ事例と、ツイッターで効果的なハッシュタグキャンペーン事例をお伝えしていきます。

 

シャープ株式会社のツイッターリプライ事例

参考:https://twitter.com/sharp_jp?lang=ja

家電メーカーであるシャープ株式会社のツイッターアカウントは、メーカー系アカウントの堅苦しさを打ち壊すフランクで面白いツイートの数々が話題を呼び、2018年1月現在のフォロワー数は43万9千件を超えています。

2018年1月4日に同アカウントはツイッターのアンケート機能を用いて「初売り」に関するユニークなアンケートを行い、2万2千件以上の回答を得ています。

 

ここで注目したいのは、67件のユーザーからのリプライの中で、ポジティブな内容のリプライにたいして、丁寧に返信を行っている点です。

今回の事例以外にも、シャープ株式会社のツイッターアカウントは非常に参考になるので、SNS運用担当者はぜひともSNS集客・販促・ブランディングの事例としてベンチマークしていただきたいところです。

 

ツイッターで効果的な「インスタントウィン」ハッシュタグキャンペーン事例

参考:https://twitter.com/YOGURSTAND/status/728600210562109440?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fkakeru.me%2Ftwitter%2Funo-instantwin%2F

 

最後に、ツイッターで効果的な「インスタントウィン」と呼ばれるハッシュタグキャンペーンの手法もご紹介いたします。こちらのキャンペーンは、「フォロー」したのちにハッシュタグ付きの指定ツイートを「リツイート」すると、すぐにキャンペーンの合否結果がわかるというものです。

上記の事例は、ヨーグルト飲料「ヨーグルスタンド」のハッシュタグキャンペーンですが、1万7千件以上ものリツイートがされています。

ツイッターの利点は、リプライを簡単にやりとりできる手軽さにあります。そのため、リプライでユーザーとの交流を深め、上記のような手軽なハッシュタグキャンペーンを併用することで、瞬間的に効果を上げるSNS集客・販促・ブランディングを行うことも可能となります。

 

ツイッターでハッシュタグキャンペーンを行うならソーシャルハブツール導入

ツイッターでハッシュタグキャンペーンを行う場合には、ハッシュタグキャンペーンツールの導入が非常に効果的です。

おすすめのハッシュタグキャンペーンツールは「TwoGood」。

ハッシュタグつきの投稿に対するユーザーのアクションなどを細かく分析することができ、SNS集客・販促・ブランディングに直結したPDCAを回すことが可能です。

ツイッターの運用をより緻密に行いたいSNS運用担当者の方は、この機会にぜひとも「Twogood」を導入してみてはいかがでしょうか。

すぐにデモ画面をお試しいただけます。

初期費用0円、定額¥50,000、
最短5分でスタートできる

デモアカウント利用申し込みフォーム

お名前とメールアドレスを入力して送信ボタンを押すと、すぐにデモをご利用いただけます。











新規お申込み