#sns キャンペーン#sns 集客#インスタ キャンペーン#インスタ グラム ビジネス#インスタ グラム 集客#インスタ ビジネス#ソーシャルハブ#ハッシュ タグ キャンペーン
2018.01.29

メーカー系ビジネスのSNS集客はハッシュタグキャンペーンが有効って知ってる?

メーカー系ビジネスでは、商品のイメージを適切に伝えるためにも、インスタグラムやツイッターなどによるSNS集客・販促・ブランディングが重要であると言えます。今回は、メーカー系ビジネスのSNS活用方法で知っておくべきポイントや、参考になるハッシュタグキャンペーン事例についてまとめていきます。

メーカー系ビジネスのSNS集客で知っておくべきこと

メーカー系ビジネスで、インスタグラムやツイッターのSNS集客・販促・ブランディングを成功させるために知っておくべきことは何でしょうか。インスタグラム・ツイッターそれぞれのポイントをまとめました。

 

インスタグラムでは直感的で情緒に訴えかけるような商品の関連投稿を心がける

メーカー系ビジネスのインスタグラムでは、写真や動画で商品の直感的な魅力を伝えることが可能です。そのため、メーカー商品の機能説明のような堅苦しい写真ではなく、ユーザーの情緒に訴えかけるようなフォトジェニックでインスタ映えする素材を投稿するように意識しましょう。

また、ユーザーは気に入ったメーカー商品をハッシュタグつきで口コミ投稿するケースもあります。そのような投稿をリグラム(リポスト)したりして、口コミ拡散を狙うのも良いでしょう。

メーカー商品に関連したハッシュタグ投稿をウェブページにまとめてコンテンツにしたい場合などは、ソーシャルハブツール「Twogood」を活用すれば、タグを埋め込むだけで投稿一覧を作成することも可能です。

 

ツイッターではアカウントの個性をつくってユーザーと対話することが重要

ツイッターはテキストベースでの投稿がメインとなるため、メーカー商品の細やかな宣伝広報に活用することが可能です。

しかし、単なるメーカー商品情報の羅列では、ユーザーの共感は得られず、拡散効果は低くなります。そのため、ユーザーとの距離を縮めて対話するために、アカウントに個性を持たせるのが非常に有効な手段となります。

たとえば、家電メーカーであるSHARP株式会社の公式アカウント(参考:https://twitter.com/sharp_jp?lang=ja)は、ユーザー受けするユニークなツイートが多いため、メーカー系ビジネスのツイッターアカウントを運用するなら、ぜひとも参考にしてみてください。

 

メーカー系ビジネスでのハッシュタグ活用方法とは

メーカー系ビジネスのインスタグラム・ツイッターでのSNS集客・販促・ブランディングを成功させるためには、ハッシュタグキャンペーンの活用が重要となります。

 

メーカーの商品プロモーションにはハッシュタグキャンペーン活用が有効

メーカー系ビジネスで商品などのプロモーションを行う場合には、ユーザー参加型のハッシュタグキャンペーンが有効です。

具体的には、メーカーの新商品などの賞品を用意したうえでのコンテスト型キャンペーンや、プレゼント応募型キャンペーンがSNS集客・販促・ブランディングに活用できるでしょう。

ハッシュタグキャンペーンは新商品への関心を集めるだけでなく、キャンペーンを通じてメーカー自体のファン獲得にも貢献するため、非常に有効な手段であると言えます。

 

ハッシュタグキャンペーンを実施するならソーシャルハブツールを導入

ハッシュタグキャンペーンを行う場合には、ハッシュタグを選定したり、関連投稿を収集したり、参加ユーザーの属性を分析したりなど、担当者のタスクが膨大に発生するため、手作業で運用するのは困難です。

ソーシャルハブツール「Twogood」を導入することで、関連ハッシュタグを簡単に収集できるほか、ユーザーの関連投稿の監視や、投稿をひとまとめにしてコンテンツ化することもタグを埋め込むだけでできるため、運用の手間がかからず、非常に便利になります。

 

メーカー系ビジネスで参考にしたいハッシュタグキャンペーン事例

メーカー系ビジネスでのSNS集客・販促・ブランディングで参考になるハッシュタグキャンペーンの事例をご紹介いたします。

 

参考:http://toyota.jp/information/campaign/doratwitter/

大手自動車メーカーであるTOYOTAが、2016年7月1日〜2016年7月19日の期間限定で、「#ノア白黒つけよう」ツイッターハッシュタグキャンペーンを実施しました。

TOYOTAの人気車種であるミニバン「NOAH(ノア)」と「ドラえもん」のタイアップキャンペーンで、「ランチボックスセットを持って行くなら海or山、どっち?」というお題のもと、公式アカウントをフォローして「#ノア白黒つけよう」をつけてツイートすることで、抽選で50名にドラえもんランチボックスセットが当たるというものです。

このような応募型キャンペーンでも、ハッシュタグでの投稿を応募条件とすることで、SNS上での拡散効果を期待することができます。

 

KOOV(クーブ)作品募集インスタグラムハッシュタグキャンペーン

参考:https://www.koov.io/campaign

ソニー・グローバルエデュケーションが展開する知育玩具ブランドであるKOOV(クーブ)では、2017年11月22日~2017年12月31日の期間限定で、KOOVを使って遊ぶ子供の写真や、子供が作った作品の写真を「#KOOV」のハッシュタグをつけて投稿すると、新商品のセットが抽選でもらえるキャンペーンを実施しています。

メーカー商品を通じた体験をユーザーに投稿してもらうことで、商品のイメージが他のユーザーに伝わり、高い拡散効果を発揮し、SNS集客・販促・ブランディングにつながります。

 

まとめ

今回は、メーカー系ビジネスのインスタグラム・ツイッターのSNS活用方法や、ハッシュタグキャンペーン事例についてお伝えしてきました。

ハッシュタグキャンペーンを行うならソーシャルハブツール「Twogood」の活用が非常に便利です。メーカー系ビジネスのSNS運用担当者の方は、この機会にぜひとも、「Twogood」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

すぐにデモ画面をお試しいただけます。

初期費用0円、定額¥50,000、
最短5分でスタートできる

デモアカウント利用申し込みフォーム

お名前とメールアドレスを入力して送信ボタンを押すと、すぐにデモをご利用いただけます。











新規お申込み