#sns キャンペーン#sns 集客#インスタ キャンペーン#インスタ グラム ビジネス#インスタ グラム 集客#インスタ ビジネス#インスタグラム インサイト#インスタグラム 人気投稿#インスタグラム 分析#ソーシャルハブ#ハッシュ タグ キャンペーン
2018.01.30

インスタグラムを分析したいなら、まずは「インスタグラムインサイト」を使ってみよう!

インスタグラムでビジネスのSNS集客・販促・ブランディングをお考えの担当者の方は多いと思います。インスタグラムにはさまざまな機能がありますが、その中でも投稿の分析に力を発揮する「インスタグラムインサイト」機能をご存知でしょうか?今回は、インスタグラムインサイトの概要やメリット、ソーシャルハブツールとの併用による相乗効果について見ていきます。

インスタグラムインサイトとは?

まずは、インスタグラムインサイトとはどのようなものなのか、詳しく見ていきましょう。

 

インスタグラムインサイトの概要

インスタグラムインサイトとは、簡単に説明すると、インスタグラムの「ビジネスプロフィール」と呼ばれるプロフィールを設定すると利用できる、投稿を分析することが可能となる便利な機能です。

ビジネスプロフィールは無料で設定することができるため、インスタグラムを利用してビジネスでのSNS集客・販促・ブランディングを行っているSNS運用担当者の方は必須であると言えます。(※ビジネスプロフィール設定にはFacebookページアカウントが必要です)

設定が完了すると、インスタグラムアプリの右上にグラフボタンが表示されるので、そちらからインスタグラムインサイト画面へ遷移できるようになります。

 

インスタグラムインサイトでチェックできるデータとは

インスタグラムインサイトでは、以下のようなデータを、通常投稿およびインスタグラムストーリー投稿でチェックすることができます。

 

・インプレッション数:投稿の総表示数

・エンゲージメント:いいね!、コメント、フォロー、保存といったアクションを行ったユーザーの数

・リーチ:投稿を見に来たユーザーのユニークな数

・プロフィールビュー:プロフィールが閲覧された数

・フォロワー:フォローされているユーザーの年齢や性別、位置情報、アクセスの時間帯(※100人以上のフォロワーがいないと表示されません)

・保存:投稿を保存したユーザーのユニークな数

 

また、以下のデータはビジネスプロフィールで設定できる「ウェブサイト」「メールアドレス」「道順」のそれぞれを設定していた場合に表示されます。

 

・ウェブサイトのクリック数:プロフィールに表示されるウェブサイトリンクのクリック数

・メールアドレスのクリック数:プロフィールに表示されるメール送信ボタンのクリック数

・「道順」のクリック数:プロフィールに表示される道順(店舗への地図)のクリック数

 

インスタグラムインサイトを活用するメリットとは?

インスタグラムインサイトを活用することで、ビジネスにおいてどのようなメリットがあるでしょうか。

 

インスタグラム投稿の改善のためのPDCAを回すのに便利

インスタグラムインサイトを利用すれば、各投稿のエンゲージメントなどの分析を行うことができるため、どの投稿が効果を上げていて、どの投稿がそうではないのかを判断することができます。

先ほどもお伝えしたとおり、投稿に対するユーザーのアクションデータを数値化して確認することができるため、定量的に投稿を分析することができ、投稿内容の改善のためのPDCAを回しやすくなります。

 

インスタグラム広告を出す投稿をデータありきで決めることができる

ビジネスプロフィールを設定することで利用できるようになる機能のひとつに、「インスタグラム広告」があります。

インスタグラムインサイトを用いて優秀な投稿を定量的に割り出すことができるため、過去の投稿の中から、エンゲージメントが高かった投稿だけを選び出してインスタグラム広告を出すことも可能となります。

 

より詳細な分析が必要な場合はソーシャルハブツールが便利

インスタグラムインサイトは無料で利用できるうえに、投稿に対するユーザーアクションのさまざまなデータを確認することができて便利ですが、ハッシュタグも含めた詳細な分析を行うならば、ソーシャルハブツールの利用が不可欠です。

 

インスタグラムインサイトはPCでの利用ができず、ハッシュタグの分析は不可

インスタグラムインサイトは便利な機能ではありますが、2018年1月現在、PCでの利用はできず、スマートフォンまたはタブレットでの利用のみとなっています。そのため、PCでデータを分析するSNS担当者としては運用しづらい面もあるでしょう。

また、ハッシュタグに関する詳細なデータを取得することはできないため、ハッシュタグキャンペーンの運用に関しては、インスタグラムインサイトのみでは感覚的な運用にとどまってしまいます。

 

ソーシャルハブツールがあれば、ハッシュタグの詳細分析も可能となる

例えば、ソーシャルハブツール「TwoGood」であれば、インスタグラムインサイトではチェックすることのできないハッシュタグごとのユーザーアクションの詳細分析も可能となります。

さらに、特定のハッシュタグキーワードに関連したハッシュタグを取得したり、ハッシュタグ投稿したユーザーのリアクション数などをチェックしたりすることもできます。投稿を収集してコンテンツ化することも、タグを埋め込むだけで簡単にできます。

このように、ソーシャルハブツールをインスタグラムインサイトと併用することで、ハッシュタグキャンペーンなどを行う際に、緻密なPDCAを回すことが可能となります。より精度の高いSNS運用を求める担当者の方は、これを機会に、「Twogood」の導入をご検討ください。

すぐにデモ画面をお試しいただけます。

初期費用0円、定額¥50,000、
最短5分でスタートできる

デモアカウント利用申し込みフォーム

お名前とメールアドレスを入力して送信ボタンを押すと、すぐにデモをご利用いただけます。











新規お申込み