#sns キャンペーン#sns 集客#インスタ キャンペーン#インスタ グラム ビジネス#インスタ グラム 集客#インスタ ビジネス#ソーシャルハブ#ハッシュ タグ キャンペーン
2018.01.29

イベント系ビジネスのSNS集客はハッシュタグキャンペーンで超盛り上がるって知ってる?

音楽をはじめ、様々なイベント系ビジネスを運営するうえで、インスタグラムやツイッターによるSNS集客・販促・ブランディングは非常に重要な戦略です。今回は、イベント系ビジネスにおけるインスタグラムやツイッターを用いた活用方法や、参考になるハッシュタグプロモーション・キャンペーンの事例を見ていきます。

イベント系ビジネスのSNS集客を行うなら知っておきたいこと

イベント系ビジネスでSNS集客・販促・ブランディングを行う場合、どのようなことを知っておくべきでしょうか。インスタグラム・ツイッターそれぞれでのポイントをまとめていきます。

 

インスタグラムではイベントの世界観を重視した写真や動画をメインに投稿

イベント系ビジネスでインスタグラムを活用する場合には、イベントの世界観を存分にアピールできる、フォトジェニックでインスタ映えのする写真や動画をメインに投稿していきましょう。

イベント系ビジネスでは、開催までのカウントダウンコンテンツなども多角的に展開できるため、インスタグラムで目を引くイベント関連の写真や動画を投稿しつつ、インスタグラムストーリーズでアンケートを実施したり、イベントの裏舞台を毎日紹介したりすると臨場感をアピールできます。

イベントそのものの世界観と高揚感を、インスタグラムを通じてユーザーに感じてもらうことで、SNS集客・販促・ブランディングにつなげていくことが可能となります。

 

ツイッターではイベントに関連したユーザーとのコミュニケーションを展開

ツイッターでは、コミュニケーションツールである特性をフルに活かして、イベントの魅力を伝える情報発信を行いつつも、イベントの裏舞台などのフランクな日常的内容の投稿も増やして、イベントに関する身近な共感を演出し、ユーザーとの距離を近づけていくように心がけましょう。

イベント情報を求めているユーザーがリプライで質問などをしてくるケースもありますので、ひとつひとつ丁寧な応対をすることで、イベントそのものの好感度にも貢献することができます。

ツイッタートレンドになっているニュースやハッシュタグの話題にも積極的に参加して、イベントに興味のありそうな潜在顧客の流入を得られるようにツイート投稿を増やしましょう。

 

ハッシュタグのイベント系ビジネスにおける活用方法とは

音楽などをはじめとするイベント系ビジネスを成功させたいならば、ハッシュタグキャンペーンを有効に活用していくことが重要です。

 

イベント系ビジネスではハッシュタグキャンペーンの活用が成功の鍵を握る

イベント系ビジネスでは、ユーザーにインセンティブのあるハッシュタグキャンペーンを効果的に実施することによって、SNS集客・販促を活性化させ、イベントの認知度を上げるブランディングも行うことが可能となります。

具体的には、イベントに関連した豪華商品が当たる抽選系ハッシュタグキャンペーンや、イベントに関連した投稿の中で優秀賞を決めるコンテスト系キャンペーンなどが効果的でしょう。

ハッシュタグキャンペーンと合わせて、「イベントまであと○日」といったカウントダウンコンテンツの投稿を続けるのも、ユーザーの関心を集めるのには効果があるでしょう。

 

ハッシュタグキャンペーンを活用するならソーシャルハブツールを導入すべき

イベント系ビジネスでハッシュタグキャンペーンを行う場合には、「Twogood」のようなソーシャルハブツールを導入することをおすすめします。

イベントの関連ハッシュタグの抽出が簡単にできるほか、ユーザーのハッシュタグ投稿を集めたコンテンツを作りたい場合にはタグを埋め込むだけで簡単に作れるので、イベントキャンペーンページの作成も格段に楽になります。

また、イベント開催時に注意したいのはユーザーのネガティブな投稿による「炎上」ですが、ソーシャルハブツールがあれば特定のハッシュタグの投稿を監視し、イベントキャンペーンページへまとめて表示する際には、NGワードを設定してネガティブな投稿を検閲することもできるので、炎上対策も万全になります。

 

イベント系ビジネスで盛り上がるハッシュタグキャンペーン事例

イベント系ビジネスでは、イベント開催までにいかにユーザーの興味を引き、盛り上げられるかが大切です。以下では、イベント系ビジネスで参考になるハッシュタグキャンペーン事例を紹介します。

 

「ポールマッカートニー来日」ハッシュタグプロモーションキャンペーン

参考:https://twitter.com/PaulMcCartneyJp

元ビートルズのベーシストとして有名なポールマッカートニーの2017年来日ライブイベントでは、開催までインスタグラム・ツイッターそれぞれで「#OneOnOne」「#ポール来日」といった特定のハッシュタグを用いて、ポールマッカートニー本人も登場する賑やかなプロモーションが続けられました。

特定のハッシュタグを定めて、イベントのニュースや抽選キャンペーンなどを続けることで、イベント認知・ブランディングにつながり、SNSによる集客・販促の効果が期待できます。

 

原田知世『音楽と私』発売記念ハッシュタグキャンペーン

参考:http://www.universal-music.co.jp/harada-tomoyo/news/2017-05-24_campaign/

歌手・女優として有名な原田知世のニューアルバム『音楽と私』の発売を記念したハッシュタグキャンペーンです。

インスタグラム・ツイッターの運営アカウントをフォローし、「#原田知世と音楽と私」のハッシュタグをつけて原田知世の作品に関する思い出を語ることで、コンサートチケットが抽選で当たるハッシュタグキャンペーンが実施されています。

イベント系ビジネスのハッシュタグキャンペーンでは、参加するアーティストなどに思い入れのあるコアなファンにインフルエンサーとしてキャンペーン参加してもらうことで、通常の広告では引き出せない情報の拡散を期待することもできます。

 

まとめ

イベント系ビジネスでSNS集客・販促・ブランディングを行う際のポイントや、参考になるハッシュタグキャンペーン事例を見てきましたが、いかがだったでしょうか。

イベント系ビジネスでハッシュタグキャンペーンを運用するならば、ソーシャルハブツール「Twogood」の導入が非常に便利です。

すぐにデモ画面をお試しいただけます。

初期費用0円、定額¥50,000、
最短5分でスタートできる

デモアカウント利用申し込みフォーム

お名前とメールアドレスを入力して送信ボタンを押すと、すぐにデモをご利用いただけます。











新規お申込み